派遣で働くメリット

派遣切りにショック

派遣切りにショック

20代後半のころ派遣会社を利用して大手機械メーカーで就業しました。
そのころ私は通信制の大学に通っていたので残業の少ない職場が選べる派遣という働き方が気に入っていました。派遣先でもパソコンスキルが付いたり勉強になることが多かったのでしばらく続けるつもりでいました。仕事は半年の契約で双方の希望があれば延長できるというものでした。職場の雰囲気もよく給料にも問題がなかったので長く残れるいい職場を見つけたと思っていました。
仕事を始めてから半年以上たち契約の更新を終え自信や余裕も出てきたので一人暮らしを始める決心をしました。それまでは実家から通っていましたが通勤にも通学にも便利な場所にアパートを見つけました。昼休みに楽しい気分でアパートの話をしていると、上司からやめたほうがいいんじゃないの?と言われました。なぜそんなことを言うのか不思議に思ったのですが、私は軽く流してしまいました。
アパートを契約しあとは引越しの日を待つのみになったある日、上司に会議室に呼ばれました。新しいプロジェクトかななどとのんきに考えていましたが、上司に言われたのは今月いっぱいで仕事が終了になるということでした。会社全体の業績が悪くこれ以上派遣社員を働かせることはできないと上層部の会議で決まったそうです。
契約期間が残っていたので安心していましたが、このような場合は派遣会社も何もできないそうです。これから家賃を払わなければいけないのに無職になってしまい途方にくれました。結局2ヶ月仕事を探して新しい派遣先を見つけましたが、不安定な働き方はよくないと感じました。


ホーム RSS購読 サイトマップ